2006年11月27日

募集。(目が必死)

ドラゴンボールスパーキングネオでの使用キャラは18号な13番ですこんにちは。











バイトの人手がありません。




正直前期ほどバイトもしたくないのです。はっきりいってたまには暇な日を作ってのんびりしたいのです。






今、一日に3人が配属される夕勤を、5人でまわしているのです。











月曜日はバイト、火曜日はバイト、水曜日だけ休み、木曜日はバイト、金曜日は実験終わり次第すぐバイト、土曜日もバイト、日曜日もバイト、翌週テスト。








やってられるかぁ!!











しかも今いる5人の大学生うち、4回生が一人、3回生が二人、1回生が俺含めて二人。








4回→当然来春就職。引退。
3回→就職活動。どんどん出勤日減少。
1回→俺、学祭が始まると出勤減少。もう一人、来春下宿のため引退。













ローソン、儲かっているのに潰れます。









通学に梅田近くを通る人&そんな友達がいる人。




お願いですから13番にご一報を。







ははは。これ、あまり冗談じゃなかったりします
posted by 13番 at 02:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

効率。

もう気づけば年末です。



コンビニでは、もう年賀状を販売しています。本当にこんな時期かよとびっくりします。まだ一緒に過ごす彼女もいないのに





年賀状は、1枚2枚を単品で買う人がいません。10枚、30枚、50枚とセットで購入される方ばかり。





その10枚、30枚、50枚とセットに分けるのは、なんと全て店員の手作業です。おそるべし、コンビニの裏側。





レジに客が来たら応じつつ、200枚を(50・30・10・10)×2枚のセットを全部手で数えてただひたすら分ける作業…。

コンビニのバイトのはずが、何か内職している気分になってきます。

手が疲れてくるし、何回かやってたら11枚になったり29枚になったり。

細かい枚数のカウントなのでかなり疲れてきます。

















ここで楽してやりたいことしか頭に無い13番、一つの電球が頭に灯りました。
















秤で重さを測って分けていけばいいんじゃね?




年賀ハガキはおよそ3g。そして10枚をのせて見ると29.5g。







てことは、適当にのせて29.5gを出せばそれでいいんだ。











普通に数えたら200枚を分けるのに7〜8分ほど。


秤使って分けたらなんと1分30秒。
















作業効率およそ5倍。キタキタこれ。俺の頭も使って見るもんだねー。











あまりにうれしいので周りの仲間に報告。















「この作業さ、秤にかけたら楽じゃね?」




「おまえ賢い!すげぇ楽じゃん!!」













同僚からも認められて、気分上場。



すっかり調子に乗っていた、そのときでした。










後ろで聞いていた後輩が一言。




「あの…。」



「ん?どうした?この方法楽やろ?」





「いや…。これ、年賀ハガキなんだから通し番号みたら早いし数え間違いないと思うんですけど…。」



























俺&同僚「・・・・・・Σ( ̄□ ̄;)!!!!









最終的に、作業効率は10倍となりました。


常識無いって辛いです。
posted by 13番 at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

監禁。

やべぇやべぇ〜〜!!明日テストだ!全然わからね!!なんかやべぇはずなのにオラワクワクしてきたぞ!!(セリフうろ覚え









今日は大学の授業が早く終わったので少しでも明日のテストの勉強しておこうと喫茶店に行きました。







去年よく勉強しに来たビジネス街の喫茶店。ここだとあまりうるさい話声も無く、よく集中できるのです。





浪人時代よく勉強していた喫茶店のとなりに、少し高い喫茶店があったのですが、今はバイトもしてるしちょっとフンパツしてみようと思いそっちに入ってみました。












少し高いコーヒーを味わっていたのですが、いかんせん暑い。








まだそれほど寒くないのに暖房が効きすぎていて、のぼせてしまいました。






勉強も全然わからないのでちょっと外の空気を吸いに行こうと思いました。








しかし、レジを通って外に出るのは何となくやな感じがする。ものを注文しているとはいえ一人でそれはやりにくい。



しかもここは同じ喫茶店の二階。わざわざ階段を下りて出、また上るのも悪い。




そこに、トイレの隣に裏口みたいなのがあるのに気がつきました。非常階段みたいなとこに通じているようです。しかも半開き。これなら出ても怒られないだろ。



ちょっと出て見るといい感じに風が吹いてて気持ちがよく、しばらくそこでぼーっとしてました。















数分後。のぼせた頭もすっきりしたのでまた勉強を再開しようと思い、ドアに戻りました。



























ガチャッ























ガチャッガチャッ



















ドンドンドン!!









































これってひょっとして…。


























まさかのオートロック。























入れてくれ〜〜!!






















だんだん気持ちいい風が寒いように感じられた。









やばい。これは家のベランダに出ていたら鍵をかけられたときよりも恥ずかしい。










非常階段なんだからと下りてみる。もし普通の道に出るんなら少しおかしく思われるけどまた入口から入ればいい話。
















門(施錠済)。















13番、完全に外に閉じ込められるorz















まずいまずいまずい。このまま荷物も席におきっぱで放置しておくのもまずいし、何よりこの馬鹿さ加減。













どうする?門はなんとか登れる。いや、階段二階から逃走ルートを探すか?








とりあえず、閉じ込められたドアの前まで戻って見る…。



















ドアが開いている。














なんで??天の助け??さっきまでどうしても空かなかったのに?














そして、空いているドアから清掃員のおばちゃんが出てきた。














俺「・・・。」


おばちゃん「・・・?」















不思議な沈黙、数秒。










そりゃね。おばちゃんからしたら従業員入口みたいなとこから変な人が出てきたんだから驚くよね。とりあえず不審人物と思われないようにせねば、えっと…。













俺「え〜と、俺はあやしいもんじゃなくて…。





















120%怪しい。







とっさに出てきた言葉が、こんな言葉かよと自分でも突っ込んだ。








誤解を解いて、入れてもらった。その時点でのぼせていた頭は完全に冷却されていましたが、恥ずかしすぎるのですぐ帰りました。




















だったらこんなもん書いて無いで勉強しなくちゃ!あ、でももうお休みのじかんだ☆みんなおやすみなさい☆(壊
posted by 13番 at 02:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

迂闊。

いつも大学近くの家で寝泊りしているので、洗面用具入れを常に携帯していたらシェービングクリームのふたが外れて暴発して、用具入れが泡風呂になってしまった13番ですこんにちは。












さて、前回ブログで秋の学祭初日は違う大学に行っていたことを書いていたのですが、もちろん二日目三日目は自分の大学に行ってました。








今回俺は一つの企画の音響と一緒に、FMのDJの仕事もやっていました。








DJといっても昔オリックスにいた選手ではなくて、ただ普通にトークをラジオの電波にのっけて大学内に飛ばすだけなんですけどね。







そして俺の担当した番組が「負け犬の秋」。




恋愛で見事負け組になった男たちに捧げる、負け犬の遠吠え番組です。



もうね、好き勝手やってやりました。














「さてさて、この番組は彼女がいない人に捧げる番組です。ていうか彼女いる人は全員聞くなー!!てか死ねー!!」












番組冒頭でリスナーに死ねと叫ぶDJ。








「えー、てなわけでこれが僕の好みの女性なのでそのような方はどこどこに来てください☆」










堂々と彼女募集を電波にのっけたDJ。(当然誰も来ず)











「ここらへんで曲?え〜、めんどくさいからこのまましゃべろ。」










トークが長引きすぎて、曲を流さなかったDJ。












深夜番組みたいだったと絶賛でした。半分馬鹿にされてました。

















それはいいんですけど、そのとき俺は失恋の話をしたんですよ。







一つはこないだローソンで振られた話、もう一つは中学時代に振られた話。


まさか聞かれてるわけがないと思い、堂々と全部話しました。










で、学祭開けた今週火曜日のこと。






一通の中学生の同級生からメールが。
















「ラジオ番組、聞いてたよ☆」




























ノォォォォォ!!!

















黙っててもらう代わりに恐喝されました。今度奢らされます。













そろそろ本当に彼女が欲しくて仕方ありません。
posted by 13番 at 01:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

失踪。

ようやく学祭が終わった。また暇な日々が続くので更新頻度があがるでしょう。

また違う大学にも行ってたりしてね。自分の大学の学祭初日は違う大学に行ってました。普通に考えてたらこれすげぇな。









前回、俺は音源を忘れるという失態をついたわけですが。



もう同じミスは繰り返しません。てかこんなミス連発したらどう考えてもわざとです。












寝る前に、行く前に、電車の中でと三回確認しました。いや、本当に。



もう忘れません。忘れなかったら俺の音響サポートは大丈夫なはず。















駅に着くと、待ち合わせていた友人とともに歩き出します。





周辺地図を見ると、南西に着けば大学に着く。つまり、南か西に歩けば見えるようだ。









地下からあがり、周りを見回す。地図の階段の向きからして、どう考えても南としか思えない方向へ歩いていく。













事前に確認した地図によると徒歩20分ほどなので、とりあえず20分ほど歩いて見た。















すると、行き止まり。何故か階段がある。











この大学って、こんな辺鄙なところにあるのか?と思いながら上って見る。







そこには、一面にひろがる…





















川があった。

















俺「すいません、ちょっと聞きたいんですけど…。南はどちらですか?」


コンビニ店員「あっちですね(俺の来た方向)。































なるほど、そういうことか。


つまりは、地下の周辺地図の階段の配置を見間違えてたんだ。




方今音痴には良くあることだよね☆































南へ走れぇぇぇぇぇぇ!!







というわけで、四十分余計に歩いて軽々と遅刻しました。











前回と同じようなオチですね。

ていうか小学生低学年レベルのミスを二回連続ブログに書くと自分が本当にアホなんじゃないかと欝になってきました。

頑張って、生き抜きます。
posted by 13番 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。